2月28日に事業提案発表会「Pitch for Change」を開催し、今年度講座は閉講となりました。

ソーシャル・イノベーション型
再チャレンジ支援教育プログラムの開講!

同志社大学大学院総合政策科学研究科では、積極的に社会的課題にチャレンジしたい社会人を対象に、就職以外に社会起業というオプションを提示し、 様々な分野での事業活動を後押しする新しい教育プログラムを開講します。 社会起業家とは、社会的課題を認識し、地域レベルで回りの者を巻き込みながら課題解決を行い、社会貢献する人材であり、彼らには様々な能力が求められます。例えば、多様な業務を効率的にこなせる実務能力、事業収支を合わせることができる企画・資金調達力、ロビー活動などを通じて賛同者を得るネットワーキングやコミュニケーション力、参入業界の仕組みや課題への専門的知識等です。 本プログラムでは、これらの力を育成するために、基礎知識や実務能力を培うための実務講座と専門性を磨くための研究講座、実際の起業や就業を支援する発展講座の3つのフェーズにわけたカリキュラムを設けています。