2009年10月10日

ミッションと事業モデル    原田 紀久子(NPO法人アントレプレナーシップ開発センター 理事長)

原田2-1.JPG 前の時間に、福祉業界で先進的な事業に挑戦中である両講師のお話を伺いながら、受講生はSWOT分析(自社の強み・弱み、外部環境の機会・脅威)と4P4C(製品・価格・流通・プロモーション/顧客の抱える問題解決・顧客が支払う費用・顧客の購買時の利便性・コミュニケーション)をワークシートに記入し両社の抱える課題を整理した。本講義に置いては特に強み・弱みについて議論した後、強みを生かし課題を克服する今後の事業展開案を4グループに分かれて論議し、提案内容をグループ代表者が発表して他グループからの質疑応答を行った。


【アクシ株式会社について】施設の利用者さんには評判が良いのだから、外国人に対する不安感を解消するのにHP上の動画紹介で済まさずに、直接利用されている施設へ招く機会を設けてみる。スタッフフォローのコストが高いが、今後経験を積んだ派遣スタッフがフォローに参加すること、登録スタッフ同士のネットワークを築くこと、問題解決のマニュアルを設けることで体系化・効率化する等案が出た。


【!-styleについて】作業所や福祉施設についての知識(就労作業の給与額、施設への補助金、施設利用料の支払い義務、障害者自立支援法)が受講生に乏しく、障がい者の就労移行支援施設の在り方について疑問・議論があった。その上で吉野氏が実践しているNPO法人と株式会社が連携した作業所の商品流通のシステムについて今後の可能性を話し合ったが、難しい課題となった。

 最後に原田氏は「自分の分野を勉強する必要性」を説かれ、現行の法律を変える意気込みで挑戦してもらいたい、というエールを送った。


▲このページの先頭へ