2009年11月14日

「国際協力支援」で起業する 1    宗田 勝也(ラジオ番組「難民ナウ!」主催)

宗田1.JPG  難民保護の対象となる人々は1600万人の難民、2600万人の国内避難民(2008年)である。難民の長期化問題(5年以上難民生活をしている人)や、難民受入負担の不均衡問題(途上国が80%を受け入れ難民・住民間で摩擦)など、難民問題の現状は非常に過酷である。一方で、日本がここ30年間で難民条約に沿って受け入れた人数はわずか約500人である。難民認定申請が厳格である、難民認定申請中に生活支援すらない、ミャンマーの難民申請者が強制送還された、受け入れた難民が日本社会に溶け込めない等、難民問題は日本国内でも深刻である。宗田氏によると、国際問題に興味がある大学生ですら日本の難民受け入れに否定的であり、日本のUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)支援金額が世界第2位だが他国に面倒を見させるというスタンスと合わせて難民への認識が浮き彫りとなった。宗田氏は難民問題は「私達社会の問題」であり「一人一人の意識が問題」であると説く。


 ラジオ番組「難民ナウ!」は2004年に開始(京都三条ラジオカフェFM79.7MHz)した。「難民問題を天気予報のように」身近にすることをコンセプトに、難民というキーワードで様々なジャンルのゲストを招いたインタビューをメインにした6分間の番組である。宗田氏は偶然参加したある平和学講座で難民問題のことを知り「溺愛する姪や甥がもし難民になったら」と想定され問題意識を持たれた。活動はやがてUNHCRでも知られるところとなり、宗田氏は現在J-FUN広報担当も兼任される。地域と難民をつなぐ「京都三条通ジャック」というイベントの開催、映画上映会など活動を広げられている。「難民」という曖昧な言葉を紐解き、「知ってほしい」と「知りたい・何かしたい」を結びつける役割をもっているメディアが、これからは大きな可能性を秘めたツールであることを受講生たちは本講座で学んだ。


▲このページの先頭へ