2010年1月 9日

しごと蔵プロジェクト    光本 大助(光本瓦店有限会社 代表取締役/しごと蔵プロジェクト 代表)

光本さん.JPG 光本氏は昨年度の受講生である。2009年3月1日Pitch for Change(以下P.F.C.)にて発表した内容、その後の展開、プロジェクトの概要と課題などを、受講生が一番身近な存在として説明された。当初は「しごと蔵」と名づけられていたが、いざ動き始めると関わる人々から自然と「しごと蔵プロジェクト」と呼ぶようになり、参加される数々の会でその名を聞くようになったことが嬉しいという。


 職人の世界では高齢化が進み仕事に就けなくなった職人問題が深刻化している。光本瓦店では現在はまだ問題化していないが、将来的には同じ問題に悩まされることになる。一方、同店ではもともと若いアルバイト達を雇っており、学校を卒業してそのまま就職することもあった。社会に馴染めない子供を預かってほしいという親からの依頼もあり、光本氏は高齢となって第一線を退いた職人と社会に馴染めない若者達の教育・救済を同時に解決する方法、さらに古民家修復を実習現場とすることで伝統建築も保存する「しごと蔵プロジェクト」を考えた。光本氏が参加されるNPO法人古代文化の会の方がP.F.C.を聞きに来られ、光本氏に助成金をとることを勧められたことを皮切りに、光本氏は、実際の開講までの約3ヶ月間、各方面の人々を説得、協力、理解を求めるため、講座で学んだプレゼン100回を実践して「しごと蔵」の重要性を説くこととなる。そして指導経験がある80歳の棟梁を講師に、3人の若者を面接して受講生に決定し開講となる。職人気質の難しさ、全く技術のない若者を3人預かることへの対応と責任、並行して彼らが働ける次の現場探しなど課題は多い。しかし、社会生活に馴染めなかった若者が日々逞しくなる様子、棟梁の職人根性と若者達とのやり取りなどを見ると成果も十分に望め、今後の活躍に期待したい。


 受講生からはカリキュラム、納期・質と素人を働かせる折り合い、若者への目配り方法、メディア戦略などについての質問がでた。光本氏ご本人が非常にいきいきと説明され、このプロジェクトにやりがいをもたれていることが印象的であった。


▲このページの先頭へ