« 「企業と市民によるソーシャル・イノベーションは可能か」 | メイン | 講演会「自然農・自給農」報告 »

2006年2月26日

 ■ 講演会「自然農・自給農」

今年の4月から開設されるソーシャル・イノベーション研究コースでは、
「食科学・食育論」や「自立・自給型生活論」といった科目を新たに設けるなど、
「食」や「農」を大きなテーマの一つとしています。
また、大原三千院近くに田畑付きの農家を借り、実際に農作業にも挑戦し、
地域に根ざし都会と結んだ「農」が持つ社会変革の可能性を追求します。
そうしたソーシャル・イノベーション研究コースの開設を記念して、
九州は長崎県の五島と江迎町で先端的農業を営むお二人をお招きし、
真の持続可能性を実現する農業実践と農的生活について存分に語っていただきます。
皆様のご来聴をお待ちしております。

                 記

日 時:2006年3月4日 (土) 午後3時〜午後6時
場 所:同志社大学今出川キャンパス 博遠館303演習室

講演1:「自然農——土にこだわり、土とともに生きる」
林 由美子(はやし ゆみこ 農業生産法人(有)味菜自然村経営 長崎県北松浦郡江迎町在住)

講演2:「自給農——自己完結型田舎暮らしの論理」
歌野 敬 (うたの けい 長崎県五島市有川町広の谷在住)

予約不要・来聴無料

2006年2月26日 01:11