« 2007年2月 | メイン | 2007年4月 »

2007年3月16日

2007年度 科目等履修生・聴講生のご案内

同志社大学大学院総合政策科学研究科では科目等履修生・聴講生の制度があります。ソーシャルイノベーション研究コース設置科目も一部聴講や科目履修が可能です。

★「科目等履修生」制度とは
学部・研究科が定めた特定の授業科目を正規の学生とともに受講し、単位を修得できる制度です。この制度を利用して修得した単位は、本学入学後に卒業・修了に必要な単位として認定されることがあります。また、一定数の単位を修得し大学評価学位授与機構の実施する審査に合格すれば、大学を卒業しなくとも学士の学位を取得することも可能です。

★「聴講生」制度とは
科目等履修生制度と同様に、学部・研究科が定めた特定の授業科目を正規の学生とともに受講できる制度です。ただし、科目等履修生制度と違い単位を修得することはできません。

詳細、要項は以下のページでご確認ください。
科目等履修生
聴講生

2007年3月12日

「プロジェクト科目」のご紹介

同志社大学は、従来の教室での座学中心の授業形態とは異なった実践型・参加型の学習機会を重視したプロジェクト・ベースド・ラーニング(PBL)を基本とする、授業科目—「プロジェクト科目」—を2006年度から設置しています。この「プロジェクト科目」は、地域社会や企業の方々に講師をお願いし、地域社会と企業がもつ「教育力」を大学の正規の教育課程の中に導入することによって、学生に生きた智恵や技術を学ばせるとともに、「現場に学ぶ」視点を育み、実践的な問題発見・解決能力など、いわば学生の総合的人間力を養成することを目的としています。

大学の学部生の正課科目で、プロジェクトをベースに学習を進めていく科目です。ご提案いただいたテーマをプロジェクトとして、学生が主体的・自律的に学んでいく形で授業を展開していただきます。従来の座学では経験できない、実践的・体験的学習です。

詳しくはこちら

総合政策科学研究科関係では
新川達郎が科目代表者となる「水環境政策〜「雨水局」から総合的に考える〜」
西村仁志が科目代表者となる「けいはんな子どもサマーキャンプ企画運営プロジェクト」
の2つが開講予定です。
学部生のみなさん、奮ってご受講ください。

2007年3月 7日

ファンがつなごう! まちとミュージアム

machito01.jpg

machito02.jpg