« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月18日

江湖館オープンハウス(1/18)

案内チラシはこちら(PDF)

「江湖館」は同志社大学大学院総合政策科学研究科ソーシャル・イノベーション研究コースにおける学外社会実験施設として、 2006年 4月に開館いたしました。昭和初期の京町家を現代に蘇らせ、 大学院生および教員によるさまざまな社会活動が行われています。
江湖館では、この町家空間にお気軽に立ち寄っていただける一般公開日「オープンハウス」を催しています。どうぞ「ほっこりと」お過ごしください。

日時:1月18日(日) 12:00〜17:00

場所:同志社大学大学院京町家キャンパス「江湖館」(こうこかん) 
   京都市中京区衣棚通丸太町下ル(烏丸丸太町交差点の西3筋目を左折し南へ約30m)
   江湖館TEL/FAX 075-212-1207

内容:
<内容>
☆京丹波 須知高校産 ヨーグルト (本当に「やさしく」「和む」ヨーグルトです。)
☆みみの里 手つくり物産(ティッシュケース、カバンなどお一つお一つ手作りです)
☆丹後産 お米・お野菜 (毎回恒例の出展。毎回違う季節のお野菜です)
☆てれれ上映 (進行役 M1小野さんより「今回も本当に面白い映画です!」)
☆江湖館 カフェ(今回は、心身あったまる「ビーフシチュー」をぜひどうぞ!)
☆プチ・ネイル(皆さん、普段とはまったく違う色彩を、そしてトキメキ時間を)

当日会場にてこれ以外の「出展」もありますので、
是非実際に足を運んで頂き、多くの方との「つながり」「交流」と共に
お楽しみいただけたらと思っております。

寒い週末となりそうですが、
多くの方とご一緒に弾む会話とともににぎやかに、暖をとりながら温かく。
そんな日曜の午後はいかがでしょうか。

当日も寒いかと思いますので、会場内あたたくして、
皆さまのお越しをぜひお待ちしております。

2009年1月 5日

「とらいあんぐるあさひ」

新年おめでとうございます。

本日1月5日の朝日新聞朝刊(京都南部周辺と大津市の一部)に折り込まれる情報誌「とらいあんぐるあさひ」に『京の食育とスローフードの国-京都・大原とイタリア・トリノに見る「食」と「農」の未来-』と題して総合政策科学研究科ソーシャル・イノベーション研究コースへの取材が掲載されています。

昨年10月にイタリアでのスローフードの国際会議「Terra Madre2008」に一緒に参加しましたD2の久保友美さん、D1の渡辺雄人さん、西村和代さん、M2の長澤源一さん、M1の石川隆平さん、加納千佳さんへのインタビュー、そして大原の「つくだ有機農業塾」への取材による記事です。フルカラーで2ページにもわたり、なかなか見応えがあると思います。
(西村仁志)