« 2012年6月 | メイン | 2013年7月 »

2013年5月10日

講演「ベトナムの農業・農村の現状について」

現代有機農業論研究Ⅰ公開講座

同志社大学政策学会講演会
ソーシャルイノベーション研究センター共催

講演テーマ:ベトナムの農業・農村の現状について
講師:伊能まゆ氏(Seed to Table代表)
開催日時:5月10日(金) 6講時(18時25分~19時55分)
開催教室:志高館1F SK119教室
備考:ベトナムからのゲスト・スピーカーによるSkype利用講演
問い合わせ先:長澤源一 genagasawa@gmail.com

ベトナムは人口の6割が農業に携わり、人口の7割強が農村に住んでいます。そして、コメやコーヒーの輸出量が世界で第二位という農業大国です。しかし、農家の収入は低く、暮らしを支えている水・土・森などの自然も破壊されています。各地域で受け継がれてきた種も、高収量を得るために開発された種などの浸透により、急速に失われています。1986年に始まったドイモイ政策によって市場経済が導入されてから、都市と農村の格差が広がっています。農村では若者が都市に出て行くなど、人々のつながりが希薄になり、地域の文化や知恵が継承されず、失われてしまった地域も出始めています。しかし、経済的に苦しくても、協力して地域の文化や自然を大事にしながら子どもを育て、自分達の暮らしを良くしていこうと努力している人々も存在します。そうした人々と出会い、Seed to Tableの活動が始まりました。ベトナムでも都市では生産地がわからない、生産している人の顔が見えない食品が増えており、食の安全に対する人々の危機感が高まっています。ベトナムの農村で安全な食が生産され、消費者に提供することができれば、消費者も喜び、また、農家の収入も向上します。そして、若者が誇りをもって農業を続けていくようになれば、それぞれの地域にある文化や種、自然が守られるようになると考えます。Seed to Tableはベトナムの農村で暮らしを改善し、次世代を育てていこうと努力している人々と共に、都市に住む人々とも協力しながら、新たな地域づくりに取り組んでいます。

伊能まゆ氏(Seed to Table)プロフィール

Seed to Table~ひと・しぜん・くらしつながる~ 
代表 伊能まゆ
1997年3月に明治大学文学部卒業後、渡越。日本のNGOが実施していた事業や学術調査に翻訳・通訳、調査者として参加し、ベトナムの北部から南部の農村を歩く機会を得る。2000年4月に一橋大学社会学研究科博士前期課程に入学。2001年より1年間、少数民族であるヌン民族の村に滞在し、共有林の管理をテーマにフィールド・ワークを実施。博士前期課程を終了後、2003年4月に日本国際ボランティアセンター(JVC)に就職し、ベトナム・ホアビン省で実施されていた住民参加型農村開発・環境保全事業の担当となる。2005年6月より2009年3月末までベトナム事務所代表、2009年4月末にJVCを退職。2009年7月にSeed to Table~ひと・しぜん・くらしつながる~を設立

私達がめざすこと
ベトナムの人々が協力し、地域の種、自然、そして文化を守り、自給と収入を改善するための経済基盤を整えながら、家族や友人と楽しく暮らしていけるようになること。

私達がやるべきこと
・人々の暮らしを支える地域の自然環境と生物多様性を守ること
・食料自給を向上させること
・各地域の「強み」を生かした産品を育てていくこと
・次世代を担うリーダーを育てていくこと
・各地域の伝統的な農法や風習、人々の知恵、固有の種、動植物などを記録し、次世代に残すこと
・人々が信頼関係を築き、助け合っていくための出会いと話し合いの場をつくること
・農・食・地域に関する課題を発信し、同じ問題意識を持つ人々と協力して解決に向けた行動を起こすこと

Seed to Tableホームページより:http://seed-to-table.org/about.html#about2