« 2006年4月 | メイン | 2006年6月 »

2006年5月29日

畑の新しい仲間です

2006.5 169.jpg
大原の畑では、野菜を種から栽培しているものもあります。
さて、淡いグリーンがきれいなこの芽は何でしょう?

答えはエゴマ。ゴールデンウィークに種を蒔いたものです。焼肉など肉料理と相性が良いそうです。

2006.5 168.jpg
こちらは下仁田ネギの芽です。一本の芽の直径は1㎜ほど。針のように細い芽なので、雑草と一緒に抜いてしまわないよう注意が必要です。

2006.5 165.jpg
これはズッキーニの苗です。まだ小さい苗ですが、最初のつぼみが付いています。ズッキーニやカボチャ、スイカといった地面を張って生長する野菜は、あぜを這わせることができるため、上下の畑のあぜ際に植えてあります。

また、トマトやナスの花が咲き始めています。ミニトマトは早くも実をつけており、赤く染まり始めました。
花の数だけ実がつくと思うと楽しみですね。花から実への生育過程の観察も楽しいですよ。

2006年5月21日

大原女まつり

5月16日(火)〜31日(水)の間、「第27回 大原女まつり」が行われています。
SIコース院生達も、大原女衣装を着て体験してみました。

oharame1.jpg oharame2.jpg
(呂川茶屋さんにて)

「第27回 大原女まつり」
期   間:2006年 5月16日(火)〜31日(水)
お問合せ:大原観光保勝会まで  075−744−2148(日曜・祝日除く、午前10時〜午後2時まで)

2006年5月18日

「同志社はんのお米」 田植え

06taue1.jpg
5月18日、のべ10人による田植えをしました。現在、田植えは機械で行うのが普通になっていますが、われわれの水田では昔ながらの手植えで行いました。

06taue2.jpg

初めての田植え経験となる学生がほとんどだったため、試行錯誤の田植えとなりましたが、大原の方の指導と監督の下に無事植えつけがおわりました。
機械ならこの1反ほどの水田を植えるのに2時間ほどで済むそうです。朝から6時間ほどかけて3枚の田んぼに植えました。自分たちで植えた苗には愛着が感じられますね。今後の成長が楽しみです。

06taue3.jpg

2006年5月 8日

畑の野菜たち

2006 Apl 522.jpg

3月末から行われた開墾、畝たてをへて、畑には日々新しい作物が植えられています。

現在植えられている野菜は、
大豆、黒豆、茶豆、えんどう豆、じゃがいも、ねぎ、レタス、サニーレタス、ナス、賀茂ナス、唐辛子、ピーマン、ベリー類、ハーブ類などです。
これらに加えて、今日はトマト、ミニトマト、洋食トマト、イエロートマト、とうもろこし、カボチャ、ズッキーニの苗が植えられました。
写真はとうもろこしの苗。かわいらしい苗ですが、夏には人の背丈ほどになります。夏が待ち遠しい野菜のひとつですね。

畑がひと段落したらいよいよ田植えです。
田植えは来週末に行われる予定です。

2006年5月 6日

里山保全ワークショップ

2006 Apl 504.jpg
大原にある勝林院さんの裏山にて間伐作業が行われていると聞き、5月6日に訪問しました。
「いくらでももらってください」とお寺の方からありがたい言葉をいただいた景色がこの写真です。
大量の間伐材を前に立ち尽くすSI講師たち。

ペレットストーブの地域導入が有効な解決策になるのではなどと話しながら、結局は、ベンチや小屋作りに使わせてもらうために、ほんの微量の間伐材を農縁館・結の家に運ぶにとどまりました。山林の手入れのできる人材がどんどん少なくなる中、間伐材の利用まで含めた解決策が求められます。