« 2006年7月 | メイン | 2006年9月 »

2006年8月20日

お米どれだけとれるかな?

2006.8 117.jpg

4月に皆で手植えした田んぼはごらんのように稲穂が出ています。
だんだんとお辞儀していく様子が秋の到来を感じさせてくれます。

肥料不足が心配されましたが、まずまずの収穫量になりそうです。

2006.8 043.jpg

こちらの写真は8月8日に記録したもの。稲の花です。お米の花はわずかの日数しか咲かず、花が咲いてからの穂の成長ぶりには驚かされました。

この調子だと9月下旬には収穫できるようです。

また、今日は2度目の朝市に出店しました。ナス、丸ナス、伏見とうがらし、ピーマン、トマト、ブロッコリー、カボチャなどを出品し、前回よりも多くのお客さんに恵まれることができました。

2006年8月 6日

朝市出店しました

asaichi0806.jpg

先日ご案内の通り、「大原ふれあい朝市」に同志社大「農縁館・結の家」として、春から栽培してきました野菜類を販売させていただくブースを出店させていただきました。
前日夕刻に収穫し、仕分けと整理をおこないましたが、正直いって、こんなに大量の野菜を売り切ることができるかどうかやや心配でした。
当日は早朝5時30分から会場入りして出店準備をはじめましたが、6時30分の開店を待たず、たくさんの方々がお立ち寄りくださり、お買い上げいただきました。
午前8時30分には、用意して持ち込んだ野菜はおおかた完売となりました。
ここまでのことが実現出来ましたのも、地元大原をはじめ、多くの方々のご指導とご協力の賜物です。ありがとうございました。
次回は8/20に出店の予定です。

asaichi0806b.jpg
朝市には、たくさんの方々が新鮮で安全な野菜を求めて、早朝からやってこられます。

asaichi0806c.jpg
午前8時30分頃には、おかげさまでこのような状態になりました。

2006年8月 1日

大原ふれあい朝市出店案内

夏らしい天気が続き、同志社大学農縁館・結の家の夏野菜の多くが収穫期を迎えています。

このたび、大原ふれあい朝市を管理運営されている、NPO法人大原里づくり協会さまの特別のお計らいで、8月より同志社大学総合政策科学研究科として出店させていただけることが決定いたしましたので、ご案内させていただきます。

ぜひとも朝市にお越しいただき、おいしい大原のお野菜と、地元の人々との交流をお楽しみいただければと思います。お誘いあわせのうえ、ご来場くださいますようお願い申し上げます。

<<大原ふれあい朝市出店案内>>

■日にち; 
8月6日、20日 (9月以降日程調整中)

■時間; 
朝6時半~10時半

■場所; 
大原ふれあい朝市会場
国道367号、京都バス野村別れバス停付近(京都市左京区大原上野町)

■出店内容; 
同志社大学大学院総合政策科学研究科大原キャンパス農縁館・結の家で収穫された野菜類

また、出店に際して、収穫(土曜16時~18時、結の家)・出店準備(日曜朝5時~、結の家)・販売・駐車場誘導(朝市会場)など、お手伝いいただける方も若干名募集しております。お手伝いいただけます方は、渡辺までご連絡ください。

問合せ先; 同志社大学大学院総合政策科学研究科 農縁館・結の家(渡辺雄人) 
        075-744-2082
        yutowatanabe1982@gmail.com