« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月26日

同志社食育祭2006 【報告】

11/25-26の2日間、「京都府農林水産フェスティバル」に「同志社食育祭2006」として出展しました。
同志社大学大学院総合政策科学研究科の院生、教員だけでなく、これまでSIコースに様々ご協力をいただいているみなさんのネットワークによって運営いたしました。

fes1.jpg

11/25にはお馴染み、イタリア国際スローフード協会理事のジャコモ・モヨーリさんによる講演会を行いました。

fes3.jpg

「子どものあそびコーナー」も大人気です。


fes2.jpg

「墨でかこう」では京野菜を墨と筆で半紙に描きます。


fes4.jpg

「食育ファームin大原」のこれまでの写真展です。食育ファーム参加者の子どもたちやご家族にも見ていただきました。


fes5.jpg

自然農ワインのご紹介と試飲コーナー(協力:野村ユニソン(株))


fes6.jpg

「おいしいお茶の入れ方教室」です。(協力:京都味わい物語)


fes7.jpg

農林水産省「食事バランスガイド」の普及キャンペーンにも協力しました。来場された多くの方々に関心を持っていただきました。みなさんやはり健康のことが気になるようですね。


fes8.jpg

山田京都府知事も同志社食育祭に参加されました。右から山田知事、イタリア国際スローフード協会理事のジャコモ・モヨーリさん、同協会の石田雅芳さん、本研究科教授の今里滋。


fes9.jpg

26日には「和食のマナー教室」が行われました。テーブルクロスをひいて、器を美しく並べ、視覚からも美味しさを演出します。(協力:京都味わい物語)


fesa.jpg

俳優で元参議院議員の中村敦夫さんの講演「いまこそslow,small,simple」。椅子が足りなくなるほどの大入り満員でした。
2日間おかげさまで無事盛況のうちに開催することができました。来場していただいたみなさん。また開催にあたって様々なご協力を頂きました方々には御礼申し上げます。

2006年11月22日

同志社食育祭2006

同志社大学大学院総合政策科学研究科では食育関連のイベントを開催します。

■「京都府農林水産フェスティバル」にて同志社大学として出展します。
  2006年11月25日(土)10:30〜16:30     26日(日)10:00〜15:30
会場:パルスプラザ(京都府総合見本市会館/京都市伏見区竹田鳥羽殿町・地下鉄竹田駅よりシャトルバス運行)

第一展示場が同志社大のスペースです。
国際スローフード協会のジャコモ・モヨーリ氏講演「スローフードの原点とは」(25日13:00〜)、元参議院議員・俳優の中村敦夫氏講演「いまこそSlow,Small,Simple」(26日13:00〜)、オーガニックワインの紹介、こどもの遊びコーナー、「食育ファーム in 大原」写真展などを行います。

以下チラシをご覧ください
京都府農林水産フェスティバル
ジャコモ・モヨーリ氏、中村敦夫氏講演会

2006年11月19日

収穫上々、大原の秋野菜

2006.11 128.jpg

毎週日曜日、NPO大原里づくり協会さんの主催によって、大原ふれあい朝市が開催されています。
秋も深まり、先週には初霜も降りた大原では秋野菜の収穫がピークを迎えています。
今年は例年に比べて気温の高い日が続いたため、どの作物も大きく、立派に育ち、朝市会場を賑わせています。(賑わいすぎて野菜価格はかなり安くなっている感があります。)

今週は毎年恒例の農産物品評会が行なわれ、大原で農を営む方々の自信作の野菜がずらりと勢ぞろいしました。写真は直径50センチもあるような白菜。そして大かぶも堂々たる大きさで、そしてどれも美しい色形をしていますね。「プロやからね」という自信に満ちた生産者の顔、自分の出品した野菜をタオルでぬぐう生産者の姿。農縁館・結の家でも聖護院かぶを出品し、有機無農薬栽培においてはそこそこ良いできであると評価をいただきました(入選はならず。残念)
生産者の技術とともに評価されるべきは、大原の豊かな土壌をはじめ、野菜作りに最適の自然環境。自然の恵みに感謝です。

2006.11 071.jpg

2006.11 165.jpg

皆さんも大原の野菜に、大原の生産者に会いに朝市にいらしてくださいね!
われわれ同志社大学大学院農縁館・結の家は、第1、第3日曜日のふれあい朝市にブース出店しています。
朝市の開催時間は朝6時半ごろ~11時です。場所は国道365号沿い大原野村別れ交差点南側です。京都バスをご利用の方は「野村分かれ」バス停にてご降車ください。

今、同志社大原農場には、聖護院かぶ、青首大根、金時にんじん、牛蒡、ふだん菜、野沢菜、サラダ菜、レタス、春菊、白菜、水菜、壬生菜、ほうれん草、ラディッシュなどの野菜が育っています。農園見学、農業体験などお問い合わせは農縁館・結の家 (渡辺雄人 090-2260-1538, yutowatanabe1982@gmail.com)まで。
また、随時、大原の地域づくりに意欲的にご参加・協力いただける方を募集しています。

2006年11月 9日

「あそびの達人教室」から

ohara061108.jpg
11/8あそびの達人教室より

拝啓 秋が深まり、紅葉の時期が近づいてまいりました。いつも「あそびの達人教室」にご参加いただき、また関係者の方々には開催へのご協力をいただきありがとうございます。
 同志社大学「農縁館・結の家」を会場に開催しております「あそびの達人教室」ですが、現在33名が登録され、毎回およそ20名が遊びに来られています。田んぼの稲刈りも終わり、田畑が虫とりやフリスビーなどの楽しい活動場所になり、また室内でも宿題やお絵描きなどを楽しむ子どもたちもいます。
 さて秋の深まりにつれて日没時刻がずいぶん早くなってまいりました。それにともない11月15日以降の開催時間を当分の間「水曜日:午後2時45分〜4時30分」に変更させていただきます。なお年内の開催は12月13日(水)までとなります。
 またこのように多数の子どもたちが来場されており、本学教員および学生がサポーター(見守り役)として対応させていただいておりますが、もうすこし大人の手や目があればと思います。保護者の方や地域にお住まいの方でサポーターとして参加いただける方がございましたら、ぜひご協力をいただけましたら幸いです。
敬具

以上 

本件についてのお問い合わせは西村まで
メール:asobi@colorsjapan.com