« がんばれ!大原中学校;大原成人学校がスタート | メイン | 何がいるかな? 高野川水棲生物調査 »

2007年4月 8日

 ■ 大原ふるさと日曜学校(4月8日) 紹介

2007.4 054.jpg
2月からスタートした大原ふるさと日曜学校は中学校のふるさとルームで毎週日曜日に開催され、地域文化、食、農、ものづくり、スローライフなどのテーマについて子供から大人まで楽しく学ぶ機会となっています。大原にはこうしたテーマに関心を持つ人も多いですが、こうしたテーマの「先生」になれる人がたくさんいます。毎週誰かが「先生」になり(または先生を連れてきて)日曜の昼下がりのひと時を楽しんでいます。
4月8日に開催された第10回までで、参加者はのべ300人近くになりました。
第10回のこの日は、「里山であそぼう! 竹とんぼづくりの巻」というテーマで開催しました。これは研究科研修生の渡辺雄人さんが「先生」になって、主に、小学校・中学校の子供たち向けに行なわれました。

竹とんぼを竹からけずることは、田舎の子供の典型的なあそび方でしたが、大原の子供であっても、最近の子供たちはなかなかそんな機会はないようです。

2007.4 050.jpg
竹とんぼづくりの最初の作業は、竹とんぼを作るための竹を探すこと。身の回りのどこに竹が生えているのか、子供たちに学校の畑の脇にある竹薮に連れて行ってもらいました。竹にもいろいろな種類があります。同じ種類の竹でも、年数によって材質が異なってきます。「どれがつくりやすいかな?」

2007.4 061.jpg

運動場では、小刀片手にモクモクと竹とんぼをけずりました。「ここが厚すぎんのちゃうか」、「角度つけたほうがうえにあがるわ!」など、どこをどうけずればうまく飛ぶのか、みんな四苦八苦でした。
竹とんぼづくりは大人も童心に返って楽しめます。バランスをとるのが難しく、ついつい熱中してしまいました。
日曜学校では、今後も「里山であそぼう」シリーズを開催します。これは、里地・里山とのつながりが途絶えつつある現代のライフスタイルの見直しも含めて、遊びながら、楽しく里山再生を考えてみようとする取り組みです。

2007年4月 8日 13:23