« 2008年5月 | メイン

2008年7月16日

◎○大豆レボリューション2008 in 京都大原○◎

daizurevo main2008_01.jpg

◎◎有機無農薬の大豆・味噌作り!◎◎
◎○出資者募集○◎

祇園祭を向かえ、スコールのような雨と瞬く間に立ち込めるむっとした空気。。。申し分なく夏らしくなってきましたね。
さて、大原から、大豆、味噌づくりの新企画「大豆レボリューション2008」のご案内です。
この企画は東京を拠点に活動するNPO法人トージバ(語源は湯治場)との恊働で行う農作業体験プログラムです。大豆の栽培を通じ、私たちの食生活、食料事情を見直そうという企画です。初回7月21日の種まきにはじまり、草取りから味噌作りまで大豆の成長とともに私たちの食卓を豊かなものにするメニューをご用意しています。

詳細は下記ページにて
http://www.toziba.net/project/daizu_revo/2008/index.html

申し込みは下記ページ最下段「このテイケイ畑の種大豆オーナーに申し込む」からお願いします。(うまく申し込みできない場合、渡辺までご連絡ください。)
http://www.toziba.net/project/daizu_revo/2008/teikei/tsukuda/index.html


○参加費(出資費用)は一口5000円(何口でもOK)

○種まきからみそづくりまで、約5回程度の作業(概ね日曜日)にご参加いただけます。また育てた大豆2キロまたは、育てた大豆を使って仕込んだ味噌5キロのいずれかを出資口数に応じて配当させていただきます。◎作業体験にはあまり参加できないが、味噌がほしい!という方もご出資いただけます◎

○もちろん栽培は有機無農薬!有機無農薬の手前味噌作りが体験できます。(味噌づくりは2009年2月ごろを予定)


○この事業は、私が研究事業として活動を進めているヴィレッジ・トラスト・つくだ農園が「農家」役となり、さらに、静原や滋賀県仰木から農のある生活を提案する隅岡さんをコーディネーターにお迎えし、すすめてまいります。そして!同志社大学総合政策科学研究科SI研究コースM1の農業志望、石川隆平くんがトラクタや管理機を操り、農作業のスタッフを努めてくださいます。

○上記申し込みをされた方から順に初回作業のご案内をさしあげます。応募口数に限りがございます。応募口数(40口)に達し次第、募集を締め切りますので、応募はお早めに!!

●以下NPO法人トージバさんより●

味噌や醤油をはじめ、豆腐、豆乳、納豆、枝豆、きなこなど、日本人にとって日々の生活に欠かせない大豆。
しかし、大豆の国内自給率はたった5%(農林水産庁2004年度食料需給表による)なんです。
また、放置され遊んでいる遊休耕地は、日本の耕地面積の10%以上ともいわれています。
そんな遊休耕地を使って大豆の自給率を上げられたら...。
トージバでは、2004年から「大豆レボリューション」と題し、東京近郊の眠っている遊休耕地を農家さんから借り受け、種まきから草取り、収穫、脱穀、加工までを半年かけて、地大豆の有機無農薬栽培の取り組みを行っています。

育てる大豆は、全国各地で昔から育てられてきた「地大豆」です。
地域の食文化としての地大豆の種が、心と心をむすび、都市と農村をむずびます。
日頃の疲れをリセットしに、週末は気軽にのんびりと農作業体験しませんか。

(文責;渡辺雄人)