2007年7月26日
 ■ 何がいるかな? 高野川水棲生物調査

2007.7 274.jpg
<高野川にて>

今年で3年目となる高野川水棲生物調査が行なわれました。本調査は、NPO法人大原里づくり協会が大原小学校、大原中学校との共同で実施しています。
大原を流れる清流、高野川が“清流”たるにふさわしい実態を備えているのか、そこに棲む生物種を調査することによって判断を行なっていこうとするものです。
調査には、中学校、小学校の児童が参加し、ようやく梅雨の明けた夏休みの一日を満喫しました。ふだんは目にすることのない川の中の生き物を捕るのにみんな夢中となりました。

2007.7 271.jpg
<太田ゆねにて>

今年も、高野川本流、および太田ゆねと呼ばれる農業用水、高野川支流の宮川の3ヵ所の生物種を調査しました。長雨の影響収まらず、増水気味の高野川では、強い流れに耐えられないカゲロウなどの生物種は下流へと流されるなど、昨年と比べると確認できた生物種の数は減ってしまいました。
太田ゆねでは、京都市内ではほとんど見られなくなったミヤマアカネが数多く生息していることが認められました。ミヤマアカネは、市内この他では、深泥ヶ池に生息しているぐらいだそうです。
ミヤマアカネが多く生息できている理由としては、太田ゆねが京都市内他の水路と比べ、①草が多く生える石組みの護岸がされていること、②石組みのでこぼこが多くヤゴの生息場所に適していること、③田んぼから多くのプランクトンやユスリカなどのヤゴの餌となる生物が流れてくること、などがあげられます。田園風景の中の豊かな生物種は、環境に配慮した農業とそのほ場の維持管理(※)からはぐくまれるものでしょう。


2007.7 280.jpg
<大原中学校ふるさとルームにて 見つけた生き物の観察>
地域を流れる川に親しみながら、地域の自然環境のかけがえのなさと、多くの命をはぐくむ農業の大切さを学ぶことができました。高野川の水は徐々に「昔のようなきれいな川に戻ってきた」そうです。将来のこどもたちも、今日と同じような生き物と触れ合うことができるといいですね。

※太田ゆねは2006年より実施されている大原地区ほ場整備により改修工事が行なわれる予定

投稿時間 : 23:19 個別ページ表示

2007年1月30日
 ■ 大原中学校と農縁館・結の家交流会

DSC01163.jpg

大原中学校の総合学習の時間を利用し、大原中学校との交流会を行いました。
大原中学校は現在、全校生徒25名と少人数なのですが、「いろんなものを吸収させる機会を設けてあげたい」という校長先生はじめとした中学校教諭の方々によって特色ある活動が実施されています。
その一貫として、大原に拠点を構えるソーシャル・イノベーション研究コース学外実践施設、農縁館・結の家と中学校の交流機会を設けました。

DSC01159.jpg

生徒たちの「大原ひとこと紹介」では、生徒たちが調べた大原の歴史、文化、人、暮らしなどについて発表がされました。次に、渡辺雄人氏(博士課程前期課程在籍)の大原に対する「思い」と「まなざし」が紹介され、大原という地域について生徒たちがあらためて考える機会となりました。「大原が好きですか?」という問いに多くの手をあげた生徒たちとともに、ふだん何気なく生活している大原という地域を捉えなおし、「大原からなくなってほしくないもの」を考えました。
また、かつて大原中学校の所有していた学校林の話をもとに、子供たちと一緒に森に入り里山再生を目指す構想についても話がされ、多くの生徒の関心を引きました。現在、「山」という地域資源は子供たちの生活とは関わりの少ないものとなり、子供たちの「知らない大原」となっています。地域の新しい魅力の発見を子供たちと楽しみながら行なっていきたいですね。
今後の継続的な交流が期待されます。

投稿時間 : 20:27 個別ページ表示

2007年1月28日
 ■ 第3回 京都環境教育ミーティング

京エコロジーセンターにて開催された京都・環境教育ミーティングにて、ソーシャル・イノベーション研究コース農縁館・結の家の活動内容事例紹介を行いました。

2007.1 (16).jpg

今年で3回目となるこの会は、環境教育や環境保全活動に関心のある市民・教育関係者・NGO/NPO・行政などが集い、学校とNGO/NPOと環境学習施設の連携をテーマに、今後のネットワーク形成のための出会いの場を創り出すことや情報交換をすることをねらいとするものです。
基調講演では、森 孝之 氏(『アイトワ』主宰・大垣女子短期大学名誉教授)による「次の生き方」と題された講演がなされ、マス消費、マス廃棄の「近代化」に対置される「新しい生き方」の提案と実践事例が紹介されました。

2007.1 (12).jpg

「畑から食卓まで まるごと体験~ソーシャル・イノベーション研究コースの試み」(発表者:渡辺雄人、博士課程前期課程在籍)として実践事例紹介がされました。この事例紹介では、ソーシャル・イノベーション研究コースの行なう、農村地域における社会問題の解決を目指す実践型研究活動内容の紹介を行いました。この中でも、特に「食育ファームin大原」として取り組む食育事業に多くの参加者の関心が向けられ、環境教育実践者、関係者の「食」や「農」に対する意識の高まりが感じられました。
このほかにも、飯尾 美行 氏(静岡県立浜松城北工業高校工業科教諭)による「静岡県立浜松城北工業高校における環境教育の取り組み」についての事例紹介、企画作りワークショップ、交流会を通じ、環境教育実践者、環境教育に関心を持つ人たちの活発な意見交換と交流が行なわれました。

京都新聞(2007.1.28)
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007012800078&genre=H1&area=K1I

投稿時間 : 20:52 個別ページ表示

2006年11月26日
 ■ 同志社食育祭2006 【報告】

11/25-26の2日間、「京都府農林水産フェスティバル」に「同志社食育祭2006」として出展しました。
同志社大学大学院総合政策科学研究科の院生、教員だけでなく、これまでSIコースに様々ご協力をいただいているみなさんのネットワークによって運営いたしました。

fes1.jpg

11/25にはお馴染み、イタリア国際スローフード協会理事のジャコモ・モヨーリさんによる講演会を行いました。

続きを読む "同志社食育祭2006 【報告】"

投稿時間 : 23:33 個別ページ表示

2006年10月28日
 ■ 「自立・自給型生活論」はじまりました

DSC_5615a.jpg

「農縁館・結の家」を会場に、ソーシャル・イノベーション研究コースの集中講義「自立・自給型生活論」がはじまりました。
今日から12月まで、3回にわたって、味噌、しょうゆ造りなどの実習、そして自立自給型生活の極意を学びます。


DSC_5582a.jpg

大量のサツマイモを切っています。(何に使うのでしょう?)

DSC_5612a.jpg
担当講師の歌野 敬さんです。歌野さんは長崎の五島にお住まいで、自給率90%(着るもの以外はほぼすべて自給生活)という暮らしを実践されておられます。

投稿時間 : 11:58 個別ページ表示

2006年9月21日
 ■ 大原の秋

DSC01388a.jpg

秋がしだいに深まりつつあります。田んぼのあぜ道には彼岸花が咲き始めました。
もうすこしで稲刈りです。


DSC01393a.jpg

コスモスも秋の訪れを思わせますね。

投稿時間 : 00:05 個別ページ表示

2006年8月 6日
 ■ 朝市出店しました

asaichi0806.jpg

先日ご案内の通り、「大原ふれあい朝市」に同志社大「農縁館・結の家」として、春から栽培してきました野菜類を販売させていただくブースを出店させていただきました。
前日夕刻に収穫し、仕分けと整理をおこないましたが、正直いって、こんなに大量の野菜を売り切ることができるかどうかやや心配でした。
当日は早朝5時30分から会場入りして出店準備をはじめましたが、6時30分の開店を待たず、たくさんの方々がお立ち寄りくださり、お買い上げいただきました。
午前8時30分には、用意して持ち込んだ野菜はおおかた完売となりました。
ここまでのことが実現出来ましたのも、地元大原をはじめ、多くの方々のご指導とご協力の賜物です。ありがとうございました。
次回は8/20に出店の予定です。

続きを読む "朝市出店しました"

投稿時間 : 20:24 個別ページ表示

2006年7月31日
 ■ 大原山林視察と手入れ

2006.8 006.jpg

5月には勝林院さんの保有する山をご紹介しました。寺有林は比較的手入れがされ、寺の裏山の景観づくりとして、また、地域自然環境の保全として管理されているといえますが、その他大部分の山林は民有林であり、手入れが行き届かず、荒廃しているのが現状です。
今回は地元の方の山に入らせていただき、山林の現状を視察するとともに、山道に横たわる風倒木の処理を行ないました。

続きを読む "大原山林視察と手入れ"

投稿時間 : 22:03 個別ページ表示

2006年7月30日
 ■ 日記;今日の大原

2006.7 156.jpg
ようやく梅雨の長雨も収まり、夏らしい天気が続いています。といっても市街地(本日最高34℃)と比べると大原はやはり天国ですね。市街地と比較して、日中の気温差は3度以上はあるうえに、朝晩は良く冷え込みます。この気候が大原の農作物のおいしさの秘訣でしょう。

今日はソーシャル・イノベーション研究コースの谷口先生とともに、大原の奥地、百井の猟師さんのおうちを訪ねました。
大原の中心部は農業も盛んで、その反面獣害に対する意識も強く、昨年末に地域をすっぽり覆う鹿・猪よけの柵をめぐらせてあります。しかし百井のほうは山と生活空間になんらの障壁もありません。そんな環境で野生動物、自然環境との共存を可能にする職のひとつとして猟師があるといえるでしょう。猟師さんほど山の地理はもとより、その土地土地の生態系や自然環境に精通した人間はいないでしょう。
今日訪問した猟師さんは野生動物をめぐみとして受け取る傍ら、親とはぐれた熊(!)やイノシシの子供の育成を手がけています。

続きを読む "日記;今日の大原"

投稿時間 : 22:23 個別ページ表示

2006年7月29日
 ■ 川の生き物調査@高野川

2006.7 132.jpg

大原を流れる清流高野川にて、地元の子供たちとともに水棲生物の調査を行ないました。これはNPO法人大原里づくり協会の皆さんが継続的に行なっている事業で、大原を流れる高野川上流部の水質調査を兼ね、大原の子供たちが地元の川に親しみ、地元の自然環境を守ってゆくことの大切さに気づいてもらうための活動です。

続きを読む "川の生き物調査@高野川"

投稿時間 : 18:52 個別ページ表示

2006年6月25日
 ■ 大原野菜@江湖館オープンハウス

2006.7 001.jpg
6月の江湖館オープンハウスより大原の野菜の直売会をはじめました。
当研究科学外実践施設の農縁館・結の家の取り組みのひとつとして無農薬有機野菜作りを行なっておりますが、その結の家はじめ、大原の野菜を丸太町の実践施設である江湖館にて販売しています。
今回は結の家とおなじく、大原で無農薬の野菜作りを行なっていらっしゃる、「大原 元気野菜」のおばちゃんたちにも生産者として参加していただきました。


続きを読む "大原野菜@江湖館オープンハウス"

投稿時間 : 11:31 個別ページ表示

2006年6月21日
 ■ あじさいの花が咲き始めています

2006.6 124.jpg
梅雨空が広がり、じめじめした天気が続く大原ですが、この季節に大原のいたるところで花を開き、心を和ませてくれるのがあじさいです。すでにさまざまに色づきはじめていますが、最も鮮やかになる見ごろは7月に入ってからだそうです。

続きを読む "あじさいの花が咲き始めています"

投稿時間 : 20:00 個別ページ表示

2006年6月 7日
 ■ 今日の大原

ohara0607a.jpg

「農縁館・結の家」にNPO法人大原里づくり協会/大原農業クラブの宮崎さんが来てくださり、いま計画中の「大原地域都市農村交流拠点施設」について、またその背景となるこれまでの活動についてお話を伺いました。

ohara0607b.jpg

ソーシャル・イノベーション研究コース在籍学生による社会実験のひとつとして町家キャンパス「江湖館」、大原農家キャンパス「農縁館・結の家」を会場とした子どもの居場所づくり事業「あそびの達人教室」がスタートしました。「江湖館」では毎週木曜日、「農縁館・結の家」では毎週水曜日のそれぞれ午後3時から5時の開催です。
今日は「農縁館・結の家」に地元の子どもたちが遊びにきてくれました。
詳しくはこちらのご案内をごらんください。

投稿時間 : 23:36 個別ページ表示

2006年4月 1日
 ■ 新ブログを開設します

新ブログ『大原「農縁館・結の家」便り』をはじめます。
3月から進めてきた施設整備も順調に進んでまいりました。長年放置されてきた田畑の草を刈って耕し、新しい種や苗を植え始めています。
周囲の緑も次第に深まってきており、順調な生長を期待しています。
日々刻々と変わっていく「大原農家キャンパス」の姿を、このブログでお伝えしていきたいと思います。

DSC_2236a.jpg

投稿時間 : 14:00 個別ページ表示